投資方法

現在、日本国債はほとんどの部分が日本の銀行が買っています。この日本の銀行のお金というのは国民の方々が銀行に預金している部分になります。銀行はこの日本国債の金利と実際の預金金利の差分で儲けていることになります。
そこで、現在注目されている投資方法が日本国債を個人に販売している個人向け国債となります。個人向け国債は3年もの5年もの10年ものとありますが、3年と5年は固定金利となり10年ものは変動金利になります。この中で3年ものと5年ものは現在の低金利下だとかなり金利が低くあまり投資価値はありません。そしてお勧めなのが10年ものになります。10年ものは実勢金利の0.66倍をかけたものになります。この低金利下でも0.4%程度の利率がありますので銀行預金の10倍以上の金利をもらえることになります。また、この後インフレが発生したとしても変動金利なのでそのときは金利も上がることになります。
また、個人向け国債の最大のメリットは1年分の金利を払えばいつでも解約可能なことになります。つまり3年しか預ける予定がなくても3年ものよりも10年ものの方が多くの金利をもらえることになります。また、多くの証券会社で個人向け国債を買うときにキャンペーンを行っていますのでそれを狙うのもお勧めとなります。