個人向け国債5年変動

まず、10年変動金利、3年、5年固定金利の3種類があり、個人投資家向けの商品になります。
個人の投資家から人気のある要因として、中途解約が可能になる等が人気の理由でもあ流のです。
先にも述べましたが、個人向けには変動による10年タイプ、そして固定利付の3年と5年がラインナップされています。
例えば固定利付の5年タイプのものでしたら、設定した金利が5年間継続される、5年の償還期間となります。
しかし、人気の要因でもある解約の際は過去1年分の金利が(差し引かれます)差し引かれるので注意が必要です。
また、5年タイプの個人向け解約ルールの変更も確認しておきたい事項です。
2012年4月16日から、個人向けの全てのタイプは、発行されてから1年を経過すれば中途換金ができるようになりました。
また、解約に伴い発生する、中途換金調整額も過去2回分に統一されます。
利率の比較として、固定5年タイプと変動10年タイプ比べてみると、変動10年の初期利率は年率0.92%となります。
対して、固定5年の利率は、年率1.13%になり、10年ものよりも5年ものの方が利率は高ことがわかります。
一般的なイメージとして、定期預金などを考えると長い期間の方が利率は高いのですが、この場合はでは若干違うところが特徴的です。
判断基準としては、金利の動向になりますが、先の見えない経済状態から固定5年のタイプを選ぶ個人投資家も少なくないのが現状です。
ですので、5年変動タイプの商品などが新たに加われば、人気が出るかもしれません。