個人向け国債10年変動

日本政府が発行する債券には、発行から償還までの期間ごとに様々な種類があります。
その中でも、個人が購入する債券としては、「3年固定」、「5年固定」、「10年変動」などがあります。

3年固定、5年固定の債券は、発行時に利率が確定され、償還までの期間はその確定利率に基づいた利息が半年ごとに支払われ、償還期限が来ると額面上の満額が返金されます。
一方で「10年変動」債は、発行時の10年固定債の金利を基準(基準金利)として発行利息が決定されます。
そして、半年ごとに金利が見直されます。
金利は、そのときの10年固定債の基準金利×0.66となります。
ただし、最低金利として0.05%が保証されます。

購入は1万円から購入可能で、1万円単位で増額できます。
利払いは年2回で、購入から1年を経過すると、自由に換金できます。
ただし、中途換金を行う場合には、購入からの経過期間に基づいて「中途換金調整額」を支払う必要がでてくるので、注意が必要です。

10年変動債は、固定債と異なり半年ごとの利率の見直しがあるため、金利上昇局面では有利な商品となります。
しかし、これまでのような低金利期間が継続する場合は、固定債よりも低利となってしまいます。

今後の金利動向がどうなるかは予想しづらいものですが、将来的なインフレリスクに備えて資産の一部を振り向けるには有効な金融商品のひとつです。