未分類

現在、日本国債はほとんどの部分が日本の銀行が買っています。この日本の銀行のお金というのは国民の方々が銀行に預金している部分になります。銀行はこの日本国債の金利と実際の預金金利の差分で儲けていることになります。
そこで、現在注目されている投資方法が日本国債を個人に販売している個人向け国債となります。個人向け国債は3年もの5年もの10年ものとありますが、3年と5年は固定金利となり10年ものは変動金利になります。この中で3年ものと5年ものは現在の低金利下だとかなり金利が低くあまり投資価値はありません。そしてお勧めなのが10年ものになります。10年ものは実勢金利の0.66倍をかけたものになります。この低金利下でも0.4%程度の利率がありますので銀行預金の10倍以上の金利をもらえることになります。また、この後インフレが発生したとしても変動金利なのでそのときは金利も上がることになります。
また、個人向け国債の最大のメリットは1年分の金利を払えばいつでも解約可能なことになります。つまり3年しか預ける予定がなくても3年ものよりも10年ものの方が多くの金利をもらえることになります。また、多くの証券会社で個人向け国債を買うときにキャンペーンを行っていますのでそれを狙うのもお勧めとなります。

個人向け国債を購入する方法は、証券会社で購入する方法とゆうちょ銀行や大手銀行なで購入する方法があります。
一番簡単なのは、普段利用している銀行が国債を販売している場合です。この場合の購入方法を見ていきましょう。
まずは、個人向け国債を購入する際は、国が募集している期間かどうかを調べます。インターネットを利用すればすぐ分かるでしょう。その後普段利用している銀行で購入する事が出来るかどうかを調べ、購入が可能ならば国債専用の口座を開設します。
これは、国債が紙面として発行されていないため、口座によって管理を行うためです。初めて利用する際には必ず専用の口座を開設する事が必要です。
口座を作るのに必要なのは、本人確認書類と印鑑、国債の購入代金です。
口座が完成したらいよいよ国債を購入する事が出来ます。
国債は、金利固定型・変動型と2つのタイプがあり、固定型でも5年物と3年物とがあります。それぞれに金利やメリット・デメリットが異なるので、初めての購入の際にはよく理解してから購入を決めましょう。
最低1万円から購入が出来ますので、投資初心者でも比較的気軽に始められるでしょう。分からないことがあれば各銀行で相談すれば詳しく説明が受けられます。

国が発行する債券と定期預金といえば株や投資信託と異なり、利回りは控え目ですが、安定して資金を運用できる金融商品として有名です。この利回りは控え目だけれども元本割れの心配がほとんどないという共通項を持つ2つの商品はどのように異なっているのか、また、どのような選択をすればいいのでしょうか。定期預金は期間の長い預け入れであればあるほど良い金利が適用されます。また、ゆうちょ銀行のように6ヶ月発てばいつでも払い戻しができるという派生系である定額貯金もあります。しかし、年々金利が低下してきて今ではメガバンクの定期預金もよくても0.1%に達することがほとんどありません。たたし、定期預金は金融機関が自由に預け入れの期間が調整できる仕組み預金でない限り途中解約もできます。これは万が一の時には助かりますが、金利の適用は満期時払い戻しよりも低くなってしまいます。国債に関しては変動金利の場合は動きがありますが、比較的金利が高く設定されます。ただし、こちらは中途換金禁止期間があり、中途換金が一定期間できないというデメリットがあります。また、その時期を過ぎて中途換金する場合は当初の予定利回りよりも低くなってしまいます。

証券投資においては、購入および売却時に売買手数料が必要になってきます。この料金は、対面型の証券会社だと高めに設定してあり、ネット専業証券会社では割安に設定されていることが多いです。また、証券を一定期間保有してから売却するまでには2種類の税金が掛かることになります。1つ目は証券保有で得られる分配金や配当に対する配当課税があります。通常、証券を保有していると1年や半年ごとに一定の配当が出ることが多いです。現在は配当金の10%が国や地方に収める税金として徴収されています。今は配当金への税率は10%ですが、来年からは20%に引き上げられることが決まっています。2つ目の税金として証券を売却したときに掛かる譲渡益課税があります。譲渡益課税は、保有していた証券の価値が上がり益が出た時にその10%が課税されることになっています。譲渡益課税についても来年から税率が20%に上がることが決まっています。そのため、現在保有している証券に含み益が出ている場合には、年内に売却をしておくと税金を低く抑えられる可能性が出てきます。一度、証券を売却して直ぐに買い戻すと買い単価を下げることができ、税率を10%ですませておくことが可能となります。

元本保証がされていることで人気のある「国債」は、元本保証がされていることから”比較的安全な投資”として人気を集めています。株やFXよりもローリスクでありデメリットも少ないことから、とくに中高年~高齢者の方々から求められています。購入金額も5万円からと手軽であるうえ、年に2回の「利子」が受け取れるのも国債の魅力のひとつに挙げられています。しかし国債を取り扱う証券会社は少なく、現在のところは大手証券会社・1社のみで扱われています。

低リスクで利息まで受け取れる国債は一見「メリット」しかないように思えます。しかしあらかじめ定められている期間内に解約してしまう「中途解約」を行ってしまった場合、数回分の金利が引かれてしまうため、ほぼ元本に近い金額しか返還されません。いままで数年、もしくは数十年かけてコツコツ貯めてきた金利分のほとんどが差し引かれてしまうのです。

また近年では不景気の影響で「デフォルト」をせざるおえない国も出てきています。世界の中心となっている大きな国が破綻してしまった場合、国際社会の一員である日本も無傷とは限りません。10年前までは考えられなかったデフォルトの危険性をも考慮して、購入されることをオススメします。

まず購入を検討している場合は個人向け案件を購入検討となるわけですが、一定の決められた募集期間というものが定められており、前述した募集期間の間で各種金融機関への申し込みをすることにより購入することができます。
そして上記購入で必要なのは購入代金と預金通帳、そして登録する印鑑等が必要となります。
なお注意点ですが、この商品につては証券の発行というものがないので、すべてペーパーレスとして取引内容をインターネットのホームページ上でのアカウント作成により、対応いただくことになります。
上記商品に関しては口座上のさまざまなイベント記録によって厳重に管理されることになっており、初めてこの商品を購入する場合には、購入を検討している該当金融機関において、取引をするための口座を開設していただく必要があります。
初めて上記で記述した金融機関で口座開設を行なう場合には継続契約の展開を完全なものとする為に、犯罪発生率の未然防止を視野に入れた収益の移転防止に関連する特定法律内容に定める公的書簡(運転免許証、健康保険証などの本人確認書類やその他の書類)及び印鑑等が必要になります。
3年変動の場合でも基本的スタンスは上記に基づいて購入となりますが、1年経過すればいつでも中途解約は可能となっております。

まず、10年変動金利、3年、5年固定金利の3種類があり、個人投資家向けの商品になります。
個人の投資家から人気のある要因として、中途解約が可能になる等が人気の理由でもあ流のです。
先にも述べましたが、個人向けには変動による10年タイプ、そして固定利付の3年と5年がラインナップされています。
例えば固定利付の5年タイプのものでしたら、設定した金利が5年間継続される、5年の償還期間となります。
しかし、人気の要因でもある解約の際は過去1年分の金利が(差し引かれます)差し引かれるので注意が必要です。
また、5年タイプの個人向け解約ルールの変更も確認しておきたい事項です。
2012年4月16日から、個人向けの全てのタイプは、発行されてから1年を経過すれば中途換金ができるようになりました。
また、解約に伴い発生する、中途換金調整額も過去2回分に統一されます。
利率の比較として、固定5年タイプと変動10年タイプ比べてみると、変動10年の初期利率は年率0.92%となります。
対して、固定5年の利率は、年率1.13%になり、10年ものよりも5年ものの方が利率は高ことがわかります。
一般的なイメージとして、定期預金などを考えると長い期間の方が利率は高いのですが、この場合はでは若干違うところが特徴的です。
判断基準としては、金利の動向になりますが、先の見えない経済状態から固定5年のタイプを選ぶ個人投資家も少なくないのが現状です。
ですので、5年変動タイプの商品などが新たに加われば、人気が出るかもしれません。

 

 

 

日本政府が発行する債券には、発行から償還までの期間ごとに様々な種類があります。
その中でも、個人が購入する債券としては、「3年固定」、「5年固定」、「10年変動」などがあります。

3年固定、5年固定の債券は、発行時に利率が確定され、償還までの期間はその確定利率に基づいた利息が半年ごとに支払われ、償還期限が来ると額面上の満額が返金されます。
一方で「10年変動」債は、発行時の10年固定債の金利を基準(基準金利)として発行利息が決定されます。
そして、半年ごとに金利が見直されます。
金利は、そのときの10年固定債の基準金利×0.66となります。
ただし、最低金利として0.05%が保証されます。

購入は1万円から購入可能で、1万円単位で増額できます。
利払いは年2回で、購入から1年を経過すると、自由に換金できます。
ただし、中途換金を行う場合には、購入からの経過期間に基づいて「中途換金調整額」を支払う必要がでてくるので、注意が必要です。

10年変動債は、固定債と異なり半年ごとの利率の見直しがあるため、金利上昇局面では有利な商品となります。
しかし、これまでのような低金利期間が継続する場合は、固定債よりも低利となってしまいます。

今後の金利動向がどうなるかは予想しづらいものですが、将来的なインフレリスクに備えて資産の一部を振り向けるには有効な金融商品のひとつです。

国の借金の仕組みのことを指します。歳出が増えて税収で賄えなくなってきたことにより、1965年度からこの仕組みがスタートしました。なお2012年度政府予算案(一般会計)では歳入の49%をこの債権で補っています。またこの債権は、発行の根拠となる法律に基づき種類がいくつか存在します。新しい財源を確保するために建設および特例の2種類が用意されています。建設のほうは1966年度に財政法に基づき発行され始めました。公共事業などに割り当てられます。一方、特例のほうは、財政不足を補うために例外的に発行される債権です。発行の際は毎回、特例国債法を国会で制定する必要があります。本格的に発行が進んだのは75年度からです。他に特定の歳出が原因により特別に発行される復興債があります。これは、東日本大震災復興事業を目的として復興財源確保法に基づいて発行されました。いずれの種類の債権も税収などによって利子を支払い、償還(返済)します。満期に元本が戻ってきます。この債権の大半は公募入札で消化されます。入札には、ほとんどがプライマリー・ディーラー、と呼ばれる大手の銀行・証券会社25社が参加します。落札されたものは顧客に販売され、市場で売り買いされます。市場といっても決まった場所があるわけではなく、主流は証券会社の店頭販売です。